FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

劇場公開映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」

140424_capten.jpg
(このポスター全然にてないと思う……)

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

見てきましたよ、やっと。
そして感想を書くのを渋って数日たちました。

いやあ、普通にアクション映画として楽しかったんですけどね! 考えるこたあない、楽しめれば良い! ってスタンスならそう書けばいいわけで……それ以上のメッセージ(あるいは電波?)を受け取っちゃあ、いけないのかもしれないけど。

やっぱりキャップは苦労人だろうなあと。
自身の矜持が堅いだけに、それは尊敬に値するんだけど、やっぱりやってることは「暴力」だよね……。
その上、キャップは相手を「殺さない」という大前提があるわけで……結果的に命を奪うことはあっても、自分から殺人行為はしないと思う……てことは、殴られた相手は生きていて、もしかして(逆)恨み百倍で反撃してくる可能性を秘めている……キャップの人柄に惚れて味方になる人以上に、敵も作りやすいかもなあと、なんだか心配になってしまいます。

その辺、殺人を屁とも思わないブラック・ウィドウやフューリー長官の方が、スッキリ爽やかに目覚めが良さそうに思えてしまいます。
相手を気遣いながら暴力を振るうキャップの横であっという間に頭を打ち抜いてしまうナターシャ……ある意味キャップの後始末をしているような状態だけど、ナターシャ自身ははキャップがまぶしくて、自分は不釣り合いだとわかっている感じでしたね。自分では絶対「こっちからお断り」だと言うでしょうが。

大雑把なストーリーの行方は定番で、わかっていてもハラハラドキドキな展開はさすが、ハリウッドですねえ。
フューリー長官のシーンは手に汗にぎりましたよ。
最後は、

おまいはルパン三世かっ!

と爆笑しちゃいましたけど。

そして今回最初のシーンから登場のやはり「正義の人」(ある意味「アメリカの良心」的な意味で)サム・ウィルソンが、良い相棒になってくれそうで嬉しいですね。つか、

ガッチャマンかっ!

と、これもツッコミましたけども。
これって、日本のアニメ的なアクションを、ハリウッドも使うようになったってことでしょうか。まあ、コミック世界が元々こんな感じかもしれません。

新しいキャストはおおむね好みでよかったです。
ファルコンのアンソニー・マッキーはいいですね。誠実なウィル・スミスって感じ(ウィルが不誠実だとは言ってないですよ!)で、そのうち脇から主役もやってほしいな。
1でもったいないな〜〜と思ったあの人が戻ってきて嬉しい(一応ぼかしたつもり?)し、エージェント13も眼力あって良い……どこかでみたと思ったら、「リベンジ」の人か! 本編は見ていないけど、やたらCMなどで見ていたんですね。あれってポスターが目のドアップだったし。

今回残念だったのはロバート・レッドフォードですかねえ。
どーにも、全くハジケないいい子ちゃんキャラのまま悪役をやっていたけど、かといってカリスマも感じなかったし……イマイチ、わたしがこの役者さんを好きでないのもあってか、「たまには悪役もやっちゃおうかな」くらいにしか見えなかった……自分は完全に正義だと思っている悪役、とかもう少し掘り下げて演じて欲しかったかなあ。

映像ですが、最近の映画にCGの出来がどうの、とかは言えなくなってますが、今回中途半端にアメコミっぽかったかな。
キャップは「すごく丈夫」なだけのヒーローだけに、縦のアクションが難しいとは思いますが、ファルコンなどが補ってくれてました。
次回……そーいや、サイキック系のヒーローってマーベルにあんまりいないかな?(詳しくないのであれですが)
スパイダーマンは「スパイダー・センス」という危機感能力を持ってますが、映画ではあんまり表現されていなかったと。
その辺りの表現を入れると、またコミックっぽくなってしまうかも。




……でも、面白かったんですよ、ホント!




関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

マクノスケ says...""
私は単純なもんだから、全然そういう電波が受け取れず…残念です。
私も電波受け取りたかった!
そういう複雑な物語の側面まで捉えているonionさんは映画を良く見ているなあ。

ファルコンは70年代以前から登場しているキャラらしいのでガッチャマンより
前だとは思うんですが…
たまたま発想が同じだったって感じなんでしょうかねえ。

サイキック系のマーベルキャラはX-MENが相当すると思うんですが…
あちらはFOXなので共演は難しいのかなあ。
ミニアニメシリーズではスパイダーマンやX-MENも登場するみたいだし
最後に写ったふたりの子供も原作では、マグニートーの子供という設定に
なっているんだけど、そういうことから考えてみると、
大人の事情で映画はそういう設定にはしてないのかも。

ともあれこのあと「ギャラクシー・オブ・ガーディアンズ」
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」「アントマン」
の順でこのシリーズは続くので暖かく見守りたいと思っています。
2014.04.26 17:11 | URL | #GWMyNl/. [edit]
onion says..."Re: マクノスケさんへ"
> 私は単純なもんだから、全然そういう電波が受け取れず…残念です。

いや、それ、正常w
色々ありますが、わたしが今会社にいるある人に腹を立てているからかもしれません。
その人は多分、自称「正義感のカタマリ」だと思っているらしいんです。
間違ったことが我慢できなくて、それに怒ったりするんですが、それがほとんど恫喝なんですよね。
言っていることはわかる、わかるけどもうちょっとソフトな言い方があるだろうと。しかも外見も強面の大男ときているし。。。
相手を罵倒するだけで、全否定された人はもうどうして良いかわからず、その人が気弱だったりすると、もうやられっぱなしで、もしやその指摘が間違っていても(実際間違っていることが多い)怖くて反論も出来ない状態になるんです。
しかも周りは逆らうとこっちに飛び火が来たらイヤなので、止めることもせず、かえっておべんちゃらいうようなヤツばかり……

……ひとしきり吐き出すとスッとするらしくて、普通に戻るって、自分はいい人だと思い込んでいるそういう態度に腹が立っちゃって。

でね。
正義を振りかざすのもいいけど、受取手がそれをわからなかったら、恨みだけがたまっちゃうぞと。
敵を作るだけの「暴力」(この場合は「言葉の暴力」)はキリがなくて、ある意味「世界の警察」を自認するアメリカそのものの抱えるジレンマと同じものを、キャプテンも運命付けられているのかなあと。

……スミマセン、相変わらず色々電波です。。。

> ファルコンは70年代以前から登場しているキャラらしい

おお、それは失礼しました。
いやいや、パクったと思ったわけじゃなくて、登場とか逃走とかのパターンとかが日本のアニメみたいだなあと思っただけです。穴掘って逃げるのなんて、もう一昔前のルパンみたいでしょ。

> サイキック系のマーベルキャラはX-MENが相当すると思うんですが…

あ、そうか、X-MEMもマーベルでしたっけ。
あの強烈なの見てたら、あの二人もそれほど目新しい感じじゃないですが……え、あの人の子?

色々つながってて、もう分けわかんないので、映画の世界だけを見てやり過ごそうかと思っている昨今です。
2014.04.26 19:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1659-ffc6fe48
該当の記事は見つかりませんでした。