FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

レンタルで映画「クロニクル」

「クロニクル」

もち、アメスパ2のハリー役デイン・デハーンの出世作を見るために、借りてきました。
元々モキュメンタリー・タイプの映画(ファウンドフッテージっていうの?)は好みなんで、それなり期待していたんですが、確かに……

デイン・デハーンの存在感すごい!

……たいていそういう映画は低予算で作られることが多く、そして役者も無名だったりして、その辺りまでは他と同じなんですが、とにかくデインの顔、声、所作……どれをとっても、ハンパない存在感で、彼が出てきただけで、この映画が悲劇に向かうことがわかってしまいます。
主人公がカメラマンなので顔が映らないかというとさにあらず、色んな手法で映り込んで、その辺りは監督も上手いんでしょうが。

いじめられっこで、何の取り柄もない地味な少年……ビデオを撮ることで他人との間にファインダーという壁をつくって自己を保っている。

でも同じ秘密を共有することで「親友」ができ、段々画面が明るくなっていくのもつかの間……

ラスト近くは予想通りだけど予想外に派手でした。
そしてアイツは、ホント殺してれば良かったのに(わたしに力を持たせると物騒そうだな)。

親友二人が一人はオバマタイプ、一人はスーパーマンタイプなのが笑える……。
ただ友達が出来るだけだったらここまでにならなかった?
いやいや、アイツがいたら早晩別の事件がおこりそうだなあ。

結局、やっぱ怖いのは人間だったりしてね。



あのチームのこと


う~~~~~ん。
調子悪いですねえ。
まあこういう時期が来ることはわかってましたが、出来るだけ早く切り抜けて欲しい。
つか、どーにも雰囲気に流されやすいチームカラーは変わらないんでしょうか。
困ったもんです。

関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1706-acf684cd
該当の記事は見つかりませんでした。