FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

劇場公開映画「GODZILLA ゴジラ」3D吹替版

二度目は盛大にネタバレしますので、見てない方はご容赦。



















なんだかんだで、二度目です。
そういえば前売り券を買ったんですが、まだ使ってないので、もう一度は観に行くつもり。
そりゃね、色々不備があるんですよホント。
でも、いいところもあるので、嫌いになれない映画です。

完璧だったのはオープニング。
おどろおどろしい音楽とともに、伝説や古い軍事資料のフラッシュ映像が「これから怪獣王ゴジラが見れるんだ!」という気分をもりあげてくれます。
もうすっごくワクワクします。
で、鉱山事故のシーンが出てくると、往年の「ラドン」好きには、あ、あの事故でラドンの「餌」になる小さい怪獣(でも人間よりはデカイ)が出てきたみたいなのかなあと、期待してました。

……あれ? 跡だけ?
そして日本へ……

よし、幼虫日本で大暴れかっ。モスラの幼虫みたいなのかな?
……あれ? 煙ばっかりで、結局幼虫は出ず?

この頃から、ナンカチガウ感が。
しかも、登場した人物がいかにも主人公然としつつ、なんかもう本当に退屈なセリフを吐いてばかり……その日が誕生日で息子がお祝いの準備してるとか、ありきたりすぎて手垢がついてる……見せ方によるだろうけど。
悪いけど、奥さんが死んだシーンも間延びしていて感情を揺さぶられることがありませんでした。
つか、あんだけ目の前で施設が崩れてたら、通路閉めてもオジサンも助からないぞ、ふつー、とか思っちゃった。
この辺りですでに「放射能を甘く見てる」感が……。

で、いきなり15年っすよ。

は?
そのとき小学生だった子どもが、いきなり大人の軍人になって帰ってきます。
どこにって、サンフランシスコですよ。唐突。
その時の上官のひと言、
「休暇を楽しめ」
ってのがまた……凡庸だ、それこそ思い出したのが日本製ゴジラのとってつけたような軍人会話、うわ~~中身ねえ! って思う、あれ。
つうか、息子の有能なシーンの一つも挟まず、しかもまた家族との団らんシーンの凡庸応酬……セリフ一つ一つ、まったく面白みがなくて、ああ、コイツは一緒にいても面白くない人間なんだろうなあと印象づけられるわけですが……あにはからんや、それは当たってたりします。

お決まりのように、夫婦のイイトコロをぶった切る電話(凡庸大安売り!)、どうやら「やっかいもの」の父親が日本で逮捕されたらしいと。
で、日本へ……これは父子の葛藤シーンがド派手に行われると思うわけですが……遠慮がちなだけ?
で、また立ち入り禁止区域に行くと言う父に一緒についていく……今度は軍人の息子が一緒なんだから、もうちょっと巧いことやると思ったら……

 あ っ と い う ま に捕まっちまいやがんのっ!

まあその前の、ガイガーカウンターが「0.00」だったのでマスク外して深呼吸、
「ホラ、大丈夫だ!」
のシーンで既にコケてたんですが。
バカかコイツ。
ってか、日本中どこを測っても「0.00」なんて、ねーよっ。
例の事故以後入れていた放射能メーターアプリで、環境放射能ってのがあって、山口県でも0.09くらいあるって知ってるし……単位が違うのかな? でもまるっきりゼロって、なめた数字じゃない?
それも、深呼吸して死ななかっただけでどこが「大丈夫」なんだか、見えない匂わない被爆直後に体調に不具合がでない放射能の怖さをまったくわかってない、って時点で、この映画も他のハリウッド映画と同じか……とがっかり。

で、捕まったでしょ、今度はなぜか警察でなく秘密施設に連れて行かれ、息子の方だけなぜかジープに手錠でつながれ、避難の時に放置。
つか、「避難完了」って言ってたのに、結局MUTO出てきた時にジープの周りに人がたくさんいるし。
手錠につながれてジープから出られなくてピンチ……なんだけど、手錠いつの間にか壊れるし、そのあとMUTOが迫ってくるとき、なぜマスクを拾ってかぶる? 放射能が危険だから、って描写なんか、一切なかったぞ?
結局マスクの中でスーハースーハー緊迫感のある呼吸を聞かせたかっただけか? 曇ったマスク越しの怪獣の大きさを際立たせる演出のためだけか?
で、怪獣MUTO(オス)と目があう。
そのへんはおお、と思ったんだけど、この後メスともゴジラとも見つめあっちゃう主人公……激レアな体験してます。そう、最初のおっちゃんじゃなく、この息子の方が主人公らしいです。
この、何考えてるんだかぼやっとして気の効いたセリフ一つ吐かない気概も知性も感じないあんちゃんが、主人公?
ゴジラと目が合ってもなにかを感じた風もなく、功績は本来の爆破解除でなく、ガソリン撒いて卵燃やしたことだし。
つか、アレを見てただ爆弾もって出て行っただけの他の軍人が無能すぎるだろっ。

なんなんだ、この手落ちの数々。

これが、延々つづくわけです。
これ以上ストーリーに沿って言及するときりがないのでやめますが、ずっとこんなです。
どこが「人間ドラマに力を入れました」なんでしょう。
軍の作戦を知っていて、「サンフランシスコで待ってろ」なんて言うのが家族を思ってる?
違うだろ、「早く出来るだけ遠くへ逃げろ!」でしょう。
核に対する緊迫感のないことおびただしい……しかも最後、爆発させちゃうし。モロにサンフランシスコ近郊で……どー考えても、風向きヤバいよね?
これも今の日本人に染み付いた「常識」。
受け入れられません。

映画を見る際、細々したことは言うまい、とにかく迫力のあるゴジラさえ見られれば、そう思っていました。
そういう点では、ジャンジラ市というおかしな名前も神社のような一般家屋もスリーマイル型の都市に立つ原発も問題じゃないと思います。
この際、そんな枝葉末節はどーでもいい。
けど、核兵器とその結果散らばる放射能をきちんと理解していない脚本であるというだけで、すでにガッカリだったのに、焦点を当てたという人間ドラマもしょーもないという二重苦に、心が折れそうになってました。


で、待ちに待ったハワイにMUTO出現で、津波つきでゴジラもきた!
ついに直接対決!
場面転回……次の日、ニュース映像がチラッと映るだけ。

メスのMUTOがラスヴェガスを踏みつぶす! (ヴェガスにしてはちゃっちいカジノだな)……あれ? 次の瞬間には遠ざかっていくメスの腰フリ歩きが遠くに見えて、目の前の瓦礫が物語るのみ。

いよいよ頂上決戦、サンフランシスコで対決だ! ……シャッターしまったし。

あまりにも、あまりにもの繰り返しに、さすがにうんざりします。
ないんですよ、

怪獣がビルを壊すシーン

が。

怪獣同士の格闘シーン

が。
百歩譲って、それを一番のクライマックスに持ってくるための演出と思っても、小さなワクワクの泡をことごとくプチンと潰されると、一体何のためにここに座っているんだろうとまで思えてくる始末。

まあ、二度目だと、どうせここでぶっちぎりだな、とわかっている分、傷は少なかったですけどね。
余計に際立ったのは人間ドラマの不備加減です。
奥さん……まだそこにおったんかい。
看護師だから患者についているのかと思いきや、患者は早々に別の場所に移されたのに、まだダンナを待ってるって、危機感なさすぎ。
吹替の下手さ加減もあいまって、生き埋めになっても全然同情できませんでした。
最後の再会も、全然感動できないし。自動号泣機のわたしがですよ。あかんわ~。
とにかくこの映画、誰一人として共感できなかった。
唯一明確な意図を持って行動していたお父さんはあっけなく死んじゃうしね。それもあ、死んだ、と思ったら助かってて、移送中になんの目覚ましい言葉も言わずに死んじゃうし。
あ、「家族の元へ帰れ」って言ったっけ。
でも帰りつく地域が危険だったら、意味ないじゃんね。


逆に、いいなと思ったのは、音楽。
不安をあおっていくパートは特にいいです。
印象に残るメロディはあまりありませんが、交響曲を聴いているような没入感が味わえます。

そうそう、サントラ買っちゃいました!
こんだけ文句言っているのにですよ。
だっていいんだもん。
迫力あるフルオーケストラからメロウなピアノ・パートまであって、いい。

つか、今聞きながら書いてますが、「TO Q ZONE」という曲の中で、その昔の好きな映画「SFアンドロメダ・・・」の細胞増殖シーンのパターンが入ってました!
おお、MUTOのサナギ気味悪いと思ってたけど、この音楽の効果があったのかな?
その後、MUTO出現ではちょっとサイコ調になったりして、色んな映画の「不安」なフレーズが見え隠れします。

あとマクノスケさんもコメントで書いてらした、パラシュート降下シーンの「キリエ」(2010年宇宙の旅で有名)も効果的だったし、一つの交響詩としての映画のまとまりは、良かったと思います。
もっとザラザラしたものが好きな人も多いでしょうけどね。

それから、ゴジラも良かった。
体型もゾウ足も、全体とマッチしていたし、なにより動き! 着ぐるみだと表現不可能な口の動きなど、滑らかで「生物」感あり、体全体はかのアンディ・サーキスなので演技力は間違いなく。
おわる頃には、めっちゃ疲れてましたねえ。
最後の気力を振り絞って熱線を吐き、雄叫びをあげたシーンは、間違いなく最高のゴジラでした!

……そのあと気絶しちゃう、なんつー、生き物っぽさ。

朝になって目が覚めて海に帰るシーンは、既にネットで散々、「酔っぱらって終電のがして駅のベンチで眠り込んだオヤジがふらふらと家に帰る様」などと揶揄されてますが、擬人化してしまうほどの、「生きたゴジラ」でした。

難点は上にも書きましたが、「ビルを壊さなかった」ってことかな。
副次的に壊してただけなので、なんか周りに遠慮しているように見えちゃうんですよね。
正義の味方スタンスでも、平成ガメラの例を挙げれば、2でレギオンの草体をちぎるために、バンバンビルを壊してたあのシーンみたいなの、入れられないわけないんだけど……この場合、地下の巣を破壊するためとか、考えられると思うんだけどなあ、そこが残念。

MUTOは……まず、ネーミングセンスが……。
あとデザインは「クローバーフィールド」思い出したけど、あの気色悪さはないし、レギオンみたいな目覚ましい武器もない(電磁波攻撃って、ゴジラには意味がないような)んでねえ。

そうそう、あの「電磁波で次々に戦闘機が落ちてくる」シーン、あれも、前のシーンで「半径○○メートルは航空機は近づけない」って散々言ってたのに、まだ近くにいたんかいっ、ってつっこんじゃいました。
大体、核爆弾が餌って……あれ噛み砕いて中の放射性物質飲み込むのかな? つか、核反応起こさない状態でもいいのかな? とか色々雑念が浮かぶ……。
生物的にはごく普通、音波で交尾相手を捜し、地下に卵を産みつけるという、面白みのない設定で、人気は出そうにありません。

そ、たとえ敵方でも人気がでるもんなんですよ、怪獣って。
例外は……へドラかな、うん。

ま、敵怪獣は次回に期待。



……忘れてたけど、3Dで観たけど、あんまりメリットを感じなかったんで、この次は2Dにしようと思ってます。
昼間に見ないと、せっかくの前売り券が勿体無いので、週末かな?

そーいや、今週末にはトランスフォーマーの新作か……主演があの人なんで、これも観に行きたいんだけどな。







関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

マクノスケ says...""
いや~なんかもう私すっかり過去の出来事になってしまって。
テレビの前のテーブルの下にパンフが置いてあるんですけど…そのたびにあぁ見たなと思いだしてます。
音楽はやはり「キリエ」だったんですね。他にも既製曲が掛かってましたか。
いや~音楽は良かったんですが、日本で流れる曲が尺八みたいなのが入るのがなんかアメリカンだなあと
思いながら見たような印象が…。でも全体的に曲は重厚で良かったですよね。

あのあと「ガメラ2」見てそのあとテレビで「スペースゴジラ」を最後の15分くらい見たんです。
なんか見てるうちに「スペースゴジラ」のゴジラもすっごくダサイのになんかこうじわーーっと来るものがあって…
カッコ悪いけど、なんだろう。着ぐるみ萌え~って感覚?
なんかこうそこにいる感が溜まらなくて…なんか自分でも私おかしいんじゃないのかって思っちゃいました。
もしかして着ぐるみ自体が好きなのかも!自分でも自分の感情がわかりませんが…
あのゴジラを見た後に見ると…なんか違う感覚で見られますよ。
いや、でもスペースゴジラのゴジラも最後…いきなり海での後ろ姿になってて笑えました。
倒して帰って行くみたいな…。お話もどっちかっていうとファンタジーなのかぁ?って感じで
平成ゴジラ…いつか通して見てみたくなりました。(ダメダメ感覚悟で…)
2014.08.08 17:19 | URL | #GWMyNl/. [edit]
onion says..."Re: マクノスケさんへ"
いやあ、本来そんなにひっかかる映画でもないのかもしれないんですけどね。
なんか、好きなんですよ。なにがって訊かれると困っちゃうんですがw
印象に残らない人も多いだろうなあと思います。

ただ、さすがにわたしの場合は、もう着ぐるみは……特に表情が変わるゴジラを観た後では、口が開くだけのギミックの頭部はもういらない、ってかんじですねえ。

> 音楽はやはり「キリエ」だったんですね。他にも既製曲が掛かってましたか。

既成曲というより、断片をつないである感じです。印象的なフレーズをはさんであるというか。
映像もオマージュ満載でしたね。燃えながら走る機関車(宇宙戦争)とか、ソフトになったら確かめたい部分がかなりありました。
ま、そんなことに力注ぐより本編をなんとかせいよ、って話ですが。。。

尺八、入りまくりでしたね。ま、ドラがならなかっただけマシかと思ってしまうわたしが、ハードル下げ過ぎなんでしょうか。

> あのゴジラを見た後に見ると…なんか違う感覚で見られますよ。

BSでやってたのをいくつか見て、好きだったのは意外と旧怪獣プロレス状態の昭和ゴジラだったりしました。
特に人々が一生懸命逃げているシーンが、一番燃えるところだったり。

> 平成ゴジラ…いつか通して見てみたくなりました。(ダメダメ感覚悟で…)

ゴジラの造形とかはすごいと思うんですけどねえ、ドラマ部分が……どっちかというとミレニアムの「ファイナル・ウォーズ」観てみたくなりました。
あと、エメリッヒ=マグロ=ゴジラも。
でも両方レンタル中でした〜〜w
2014.08.08 20:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1763-ea4e2bbe
該当の記事は見つかりませんでした。