FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」

 さて、ハリーは5年生? てことは日本では高校二年くらいかな? 役者のダニエル君はたしかわたしの次男と同じ年なので高校三年の17,8才くらいでしょうか。かなり首も太く大人体型になってきました。

 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 at allcinemaonline

 先行上映会を見に行ってきました。長男がどうしても早く見たいというので、二人だけで。
 ダイハードの前に上映されたコマーシャルにまんまとつられた感じw(スネイプ先生のパコッを見たくて行ったようなもの)

 原作を読んでいるので、ストーリーにドキドキ感は少ないのですが、原作をうまく映像化してあったと思います。
 特に最初のディメンターとの対決は公園から地下道へのスピード感と色あいがすばらしく、平和なマグル世界から始まる「いつものハリー・ポッター」のパターンを崩して、いきなり緊張感あふれるいい始まりでした。
 全体に、原作は長いわりにバタバタ感があって主題がボケがちだったところが、映画は芯が一本通ってたので集中しやすかったし、画面はちょっと暗めで、わたしのお気に入りの「アズカバンの囚人」で出来たちょっと不気味なホグワーツの舞台(大きな振り子とか巨大でいかめしい扉とか)が多く使われていて、ハリーがもう魔法を純粋に楽しむ子どもじゃない、秘密クラブまで作って自分で行動するまで成長しているのがわかります。

 前回はほとんど忘れ去られた大人たち(シリウスやルーピン)も、ちょっとだけ出てきて嬉しい。そういえばシリウスのお母さんの絵は、結局出てこなかったなあ。
 ちょっと残念なのはスネイプ先生の過去が短くて(そりゃ、あれを長く見せられるとたまんないけど)、スネイプ少年の顔があとで思い浮かばない……もういっぺん行くかなw

関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 5 comments  0 trackback

5 Comments

Helva says...""
土曜に行こうかと思いましたが、よく考えたら混んでること間違いない。同じ料金を払うなら空いている時がよろしい、ということで来週に。
代わりにハリポタ7巻が来たので(懲りないね!)最後と思い読み出しました。まだほんのさわりでダークサイドの親玉の所にスネイプが行くところから始まっています。
最後だけ読みたいけど、ぐっと我慢我慢。
2007.07.23 01:18 | URL | #q6AO.T9M [edit]
onion says...""
うわ~~! いいなあ!
今回だけは原書にトライしようかと思ったんですが、多分撃沈されてしまうので思いとどまっています。
この上はなんとか情報をシャットアウトしつつ、来年を待とうかと。
最近はブームもそれほどではないので、ほかの事に現を抜かしているうちに一年過ぎてしまうかも。<淡い期待?
2007.07.23 01:42 | URL | #- [edit]
丞相 says...""
賛否両論ですね…
よかったと言う人と最悪と言う人と感想読みました。
私は、最悪の部類に入ります。
ハリーにあんまし思い入れ出来ませんでした。
ってかラドクリフは筋肉質なんか知らんけどイメージ崩れた気がしないでもないわ。。。
ストーリーはいいんとちゃう?ですが、でも音楽は最低だし(エンディングの曲で腰抜かしそうになった。あのエレキのギィィィーンはないでしょ?泣)ジョン爺の偉大さをしみじみと感じました。

ってな事なのかどうかは解らんけど地元はそれほど観客入っていませんね。


…ハリポッタを見た気がしないハリポッタ映画だったな……
2007.07.23 04:31 | URL | #LkZag.iM [edit]
マクノスケ says...""
onionさん、見ましたかー!
私はそんなに入れ込んでいないシリーズなので、今回もそんなに期待していなかったのですが、
何故か今回見終わってしばらくしてからウキウキムード。
やっぱりおじさまキャラが良かったかなあ。
もうブラックの杖使いに萌えーって感じです。
ホントはハリーが目立たなきゃいけないんでしょうけど、
初めて校長先生(の不死鳥シーン)にもときめいてしまって…。
ホントおやじ好きには困ったもんです。(^_^;)
それにハータンの今回のキャラも好きでした。もうちょっとロンには活躍して欲しかったかなあ。
2007.07.23 17:23 | URL | #GWMyNl/. [edit]
onion says...""
>丞相
音楽は替わった時点で諦めていたし、前回のダンパでハードロックで踊り狂う魔法少年たちを見たところで、「そうか、コレって現代モノなんだよな」と一人納得してしまったので、けっこう平気でした。
てか、原作自体が重厚とは言いがたい児童書だし、このちぐはぐな感じは原作からくるかもしれません。

ラドクリフ君はわたしの次男と同い年なんで、17,8歳くらい、「不死鳥の騎士団」では15歳? そうだっけ? と思って検索したら、入学時点が11歳? ずーっと13歳で入学したと思い込んでた!
そりゃあ、11歳と13歳はそれほど違わない(というか個人差がでかい)けど、15歳と17歳ではまったく違います。
次男を見ても、ここ二年でかなり「おやじ化」、くりっとしてほっそりした印象だったのに、首が太くてひげはボーボーで細いというより筋張って骨太な印象に変わりました。たしかにかなり無理があります。
でもまあ、ここまできたら、お付き合いしようかな、と思っています。

>マクノスケさん
おじさまたちがよかったよねー! 映画ではあまり親世代のエピソードが出てこなくてちょっと消化不良ではありますが、確かに杖づかいがすごい! 下手に使うとどっかのマジシャンかアホな教授になってしまうのに、ばっちり「魔法」を感じてしまいます。大人世代に名優をそろえているのが、この映画のキモでもありますね!
ハータン・・・わたしはハリーとロンで三角関係になって欲しかったんだけどなあ。しゃーないかなあ。
2007.07.24 09:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/226-a7e674b9
該当の記事は見つかりませんでした。