FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

いまさら「ハード・ウェイ」

 ハード・ウェイ at allcinemaonline

 ほとんど忘れ去られているであろう映画ですが、この間からハマっているエクササイズ「ターボ・ジャム」をやっていて、ノリノリ状態のときふとこの曲が。

 Mama Said Knock You Out [from US] [Import]

 の中にある「Mama Said Knock You Out 」です(ぜひ試聴してみてください!)。うおお、燃える! パンチに力が入るぜぇ! てか、聞き覚えある! あ、そうだずっと前、「ハード・ウェイ」って映画で流れていたような。
 で、Amazonで検索、新品は絶版でマーケットプレイスの中古を買いました。

 そして昨夜、続けて二回も見ちゃったw
 字幕と吹替えで。
 いやー、いいわやっぱ。
 王道一直線、これぞエンターティメント、ストーリーはハチャメチャだけどアクションはめちゃ本気(CGなんて一切使わず肉弾戦の車壊しまくり)、会話はスピーディでウィットに富んでパワフル。

 全盛期のマイケル・J・フォックスのキュートなこと! スターの魅力ってこういうのね、というオーラを前面に押し出して自らをパロディ化、彼のその後の苦難を思うと複雑にも思いますが、きっと彼なら果敢に立ち向かっているだろうと思わせるほど、パワーあふれています。
 対しての刑事役のジェイムズ・ウッズは、シリアスな役をするときとは全く違ったハジケかたで、これでもかと笑わせてくれます。表情ひとつで大爆笑してしまう。

 1991年米公開なんですね。多分10年位前にWOWOWで観てすごくお気に入りで、VTRに録画して擦り切れるほど見たんですが、デッキが壊れてから数年、子どもたちは初見だったようで、「古いけどめっちゃオモロイ映画じゃん!」と好評をもらいました。
 エンディングにやっぱり上記の曲がかかり、ノリノリのまま観終えて実感。
 そうだよ、エンタメってのはこうじゃなきゃ、という自分の好みの原点を確かめられる一品でした。お勧め。

関連記事

Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

丞相 says...""
自分も旦那に『また見るの?』って言われる位、何度も見てる映画があります。
ここ数日自ブログに何回も登場してる『怪談かさねが淵(1950年)』だけど。
最初見た時に話よりも製作状態に感銘受けちゃって(汗)
今のCG使い捲くりの映画を見るのが何となく疲れたのかもです。
ブルーシートバックに演じるんじゃなくやはりロケ行かなきゃ。
2007.07.25 10:39 | URL | #LkZag.iM [edit]
onion says...""
そうそう、他の人からみたら何度も見るような映画でなくても、思い入れがあると、定期的に見るようになるんですよね。最近はそういうのだけセルDVDを買うようにしています。無駄に増やしても場所をとるだけですし。

「怪談かさねが淵」は多分子どもの頃に夏休みの深夜番組で見たと思うんですが、繰り返し放送されていた「四谷怪談」のほうが印象深いです。一度観てみたいなあ。
2007.07.28 02:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/227-1849d986
該当の記事は見つかりませんでした。