FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

最後のハリー

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J. K. ローリング

商品詳細を見る


 買って一ヶ月、やっと読み終わりましたよ。読み終わって一番に心に浮かんだのが、

 あ ~ や れ や れ

 だったってのが、ちょっと寂しい昨今。
 少年少女のようにドキドキワクワクしてずっと読めて、感動の涙で終われればよかったのになあ。つくづく自分が大人の分別でこの本を読んでしまった、ってことなのかもしれません。

 ずっとね、惜しいな~~って思いながら読んでしまったんですよ。
 もっと面白くなることができたのに、って。
 最初のハリー・ポッター本では、多分かなり遂行を重ね、涙をのんで切ったであろう「無駄なエピソード」が、売れた2巻以降ではそのまま残ってしまっているなあ、という感はあったのですが、最終巻はかなり前に書かれ、金庫にしまわれたということで、かなりの「完成度」だと思ってしまったんですね、わたし。アガサ・クリスティーの「カーテン」のような潔さをどこかで期待してしまってたみたいです。

 ま、もののみごとに、いらない部分満載で、そのせいで主題がぼけまくって緊迫しているシーンのはずなのに、読んでいる方は退屈している、というなんとも妙なお話でした。

 さすがに最後のあの人の最後には涙がでましたけど。
 でもわたしもあの人を疑ったことは一度もありませんでしたよ!

↓はネタバレです。読むときはご注意ください!





 さて、ネタバレ。
 惜しいってのはねえ、二つくらい前でハリーに両思いの恋人を作っちゃったってことが一番惜しくって。
 なんでロンとハーマイオニーとの三角関係にしなかったんだろうなあ。
 それがあると、ロンが二人から一時離れた場面や、ハーマイオニーが拷問されたシーンが生きてくるのに。別にハリーにハーマイオニーとくっついてほしいわけじゃなく、ハーマイオニーに恋焦がれつつ、親友ロンの為にあきらめる姿があって、自己犠牲的な行為をする心情が真実味を帯びてくると思うのだけど。

 どこかで、「ハリーはローリングの息子がモデルで、ハーマイオニーは母親のローリング自身だから、恋愛対象になるのはあり得ない」みたいな文章を読んだ記憶があるんですが(うろ覚えなのでわたしの脳内捏造かもしれません)、そうだとしたらあまりに個人的な理由で物語世界を台無しにしちゃった気がしてしょうがないです。
 三角関係なんて、たしかに手あかがついた展開かもしれないけど、それ以上のカタルシスを伝えてくれない物語だったので、途中がかなりだれた印象になってました。

 あと、最終巻になって突然、ダンブルドアの過去が問題になって、それがかなり重要な部分を含んでいたりして、なんだか後だしジャンケンされたような気分になってしまったのも残念。
 もっと前の巻からにおわせるものがあればいいのに、最終巻で語り過ぎで、しかもそれが重すぎる話で読んでるこっちが対応できなくて、戸惑う状態に。しかもまた「伝聞」だしねえ(これまでの巻でたびたびありましたよね。後から誰かがハリーに伝えるだけの重要なエピソードが)。

 そして最後。
 ハリーの未来を書く必要があったのかな?
 あれは、どこかの同人誌が書くヨタ話と大差ない、しょーもない蛇足のような気がして。
 最後、主要人物の誰かが助かったかどうかわからない状態だったのなら、「生きててよかったね」的なプレゼントとしてのエピローグになったでしょうが、そんなびっくりもなく、大して面白いエピソードでもなく、単にハリーがただの「お父さん」になっていただけの、なんのひねりもない部分で、ジニーとの暖かい再会のシーンもなく、いきなり子どもが三人かいってな、なんとも肩すかしな最後で、なんとも微妙な気持ちで終わってしまいました。

 スネイプが救われたのが唯一のわたしの救いだったかな。
 てか、死んでから「憂いの篩」で、まるでビデオで説明するかのようなシーンの連続だけで……これもまた「伝聞」に近い気がする。
 主人公は体をはって戦っているのに、読者は後からそれを聞いている感じで、主人公と寄り添って戦えなかったかなあ、という印象が一番強かったです。

関連記事
にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 1 comments  0 trackback

1 Comments

onion says...""
え、スピンオフ?。。。orz
この文章を書いた後、あの最後はもしかして後にいろいろ想像されて、変な続編やスピンオフを書かれないように予防策として書いたのかと、ちょっと見直してたりしたのに。
自分でスピンオフとは、ちょっと・・・どうなのかなあ。
映画はもう、別物として思い切ってはしょってほしいですね。その方がすっきりしたいい映画になる気がします。
2008.09.02 18:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/331-fe385977
該当の記事は見つかりませんでした。