FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

映画「ウルフマン」

 ……ウルトラマンみたい……なんて言ってはいけません。こっちの方が古い(原作)ゴシック・ホラー(ファンタジー?)なんですから。けどまあ、「狼男」の方が男臭くて好きだなあ、と思ってしまうのは、

「オオカミおとこ!」
「ウォーでがんす!」

 ……スミマセン、初期「怪物くん」アニメのファンだったもので。
 それでも、吸血鬼とフランケンシュタインに挟まれて、狼男って地味で田舎臭いイメージで、リメイクしても派手にはなりそうにないなあ、と思いつつ土曜の昼下がり、ちょうど時間が空いて、他に見たい映画もなかったので見ました。

 意外や、飽きませんでした。
 誰も彼も怪しい登場人物をゆっくり見せる場面と、スピード感のあるアクションとがいい具合に入れ替わりながら、最後まで一気になだれ込んだ、というとこでしょうか。
 主人公のデル・トロ、最初は役者の設定ならもうちょっとあか抜けた感じの俳優の方が良かったんじゃないかと思いましたが、狼男になったあとに魅力的に見える、というなかなか難しい色気を見事に出していましたね。さすがフェロモン男優?
 お父さん役のあの人はさすがの怪しさだし、女優さんは美しかったし、お屋敷は作り込まれていたし、丁寧に作ってある映画だなあ、という印象を持ちました。

 しかし、どうもデジャヴ? どこか亜流? なーんか、どっかで見たような映画なんだなあ。

 「狼男アメリカン」などの現代調にした狼男映画じゃなく、原作回帰で時代は19世紀に、ストーリーもベーシックになっていますが、ダートムアの荒涼とした景色を見るとなぜか頭に浮かぶのはシャーロック・ホームズの「バスカヴィル家の犬」で、ロンドンの裏町を逃げ回るシーンでは「ジキル博士とハイド氏」が浮かび……あの時代の名作の世界のモデリングの中での話のようで、世界にオリジナリティが感じられないまま、終わってしまいました。
 美しくはあるがオリジナルではない、丁寧ではあるが突出した映像表現はない……土曜に見ましたが月曜の今現在すでに印象はあやふやで、見て時間が経つほど印象が薄れて消えていきそうな、残念な映画でした。

関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/489-5e7e2312
該当の記事は見つかりませんでした。