FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

免許証更新その他

 今日は会社を休みまして、朝から免許の更新に行って来ました。幸いゴールド・ドライバーなので、地元の警察署にてほんの1時間で終了。だったら半日でいいとお思いでしょうが、他にも予定が。

 時刻を見ると10:40。お、11:10の回に間に合うな。
 てことでシネコンに「スーパーマン」の日本語吹替え版を観に。
 ここでは日本語吹替えは午前の一回こっきりなんです。まあ、ついで。これがメインじゃないのよ~~~<いいわけ臭いw
 しかし今日はまずかった。朝見たニュースが影響していて、どうも悪いスイッチが入っちゃったみたいで、見ていていろいろ考えてしまった。あかん、これはもう観ないほうがいいな。
 少なくとも「あのニュース」が一息ついてから。
 詳しくは「ネタバレ」の方に書きますね。

 で、午後2時過ぎ、一旦うちに帰って作っておいたお弁当を食べ、また出かけました。
 今度はホームセンターへ。
 大きな収納ボックスを手に入れに。
 これを何に使うかというと、今キッチンにあふれかえっているモノ、使っていないモノをしまうか捨てるかしようかと。

 キッチンをいじろうかという話になりまして。
 えへ。この間友人の家に行ったら、キッチンの改造をしてまして、わたし散々言ったんですね。
「わたしもーわたしもー家建ててくれとは言わないからせめてキッチン~~~~」
 ……そうとうしつこくw

 へへ。というわけで、一応計画は進み始めました。
 しかしキッチンと居間が一続きでしかも狭いので、入れるものにも限りがあります。システムキッチンでも小さいほうを選ばないと、入りません。
 一時ジェリーの実家で保存している昔のキッチンセット(住宅展示場の新古品)に目をつけたんですが、サイズがでかくて無理。。。orz オール大理石トップのゴージャスなキッチンセットだったんだけど。多少古くて一部錆びていたけど、何せ……電磁ヒーターの下にでっかいオーブンがついていたの~~~~!! ああ、こんなでっかいオーブンでフランスパンを焼いてみたい。鍋をそのまま突っ込んで煮込み料理したい。けど、無理。入らない。。。

 てことで、できるだけ安く、そんで食事も出来るカウンターもついた、アイランド型のキッチンを探しています。
 でもそれより先に、片付けろよ自分。。。物が多すぎ。
 キッチングッズが大好きで、便利だと思うと買わずにはいられない性格をなおすのが先か、なあ?

 ここからネタバレ、というより毒吐きになるんで、ネタがバレてもいい人も、精神面の衛生のためには読まないほうがいいかも。
 じゃあ書くなと言うかもしれないけど……わたしの精神面の衛生のためです!! 書かないとずっともやもやしそう。







 て、つまり見るときに入れたデータ。
○監督がゲイであると知った。
 それと、
○ジョンベネちゃん殺害事件のニュースを見た。

 ……特に後者。
 今日のニュースは犯人とされる男がアメリカに着いたシーンを流しながら、「どうも彼は性転換手術かホルモン治療をしているようで、顔にはひげがなく、胸も出ているようです」とリポーターが言っていたのを聞いて、ひげがない、まるでCGで出来たかのようなスーパーマンの顔がダブってしまったこと。

 あの、スーパーマン本来の純真なアルカイック・スマイルと、犯人(ではないかもしれないけど)の妙にすっきりとした平然とした表情がダブってしまった。
 今回の件が狂言であったとしても、あの男は小児性愛での逮捕歴があり、確実に下司野郎です。あんなスッキリして女性的なフリをしたところで、男性的な下司な趣味をもった穢れたクソッタレです。なのに女性ホルモン? しかもホクロをレーザー治療で消した? ふざけんじゃねえ! 人為的に消したところで、本人の下司な過去は消えないし、さらに注目された事件の犯人として名乗り出てVIP待遇で本国送還、本人は手記を書いて儲ける気満々。屑中の屑って男とスーパーマンがかぶってしまうなんて、自分でも思わなかったので、もうめちゃめちゃショック。

 かぶったというのは、最初の監督がゲイと知った、ということからきたのか、映画を見ていてどうも、女性に魅力を感じない(まるで記号のようなキャラクター作り。特にロイスに魅力を感じなかった)のと、今回悲恋を経験してナイーブな表情をするスーパーマンにひげの影もなくて、というか「男」を感じなかったのが最初見たときから引っかかっていたのですが、三回目で決定的に気がついて、しかもその迷ったような表情に、あの犯人の無表情が重なってしまいました。

 最初は「スーパーマンは人間ではない。だからひげも伸びないし汗もかかない」CGで作ったようでもそれで納得できていたことが、ジョンベネのアイツが重なることによって、中性的に見えることになってしまったかもしれません。

 以前のエントリーでプロポーションのことを書いたんですが、よく見たらあのコスチューム、いまどきのローウエストなんですね。だから腹の部分が長く見えるんだ。全体を見たときにはそれでかっこいいかもしれないけど、上半身カットが多かったのでまるで腹が出ているように見えてしまうシーンもあって、しかも肩幅が狭いので余計寸胴に見えてしまう、というデメリットもあり、それで余計に男臭さが抜けてしまっているようにも思えるし、基本的にあのコスチュームは「笑いどころ」なんですけどね、カッコよくしようとして、笑いのツボを押し間違えちゃってる気がします。

 そう、もともとスーパーマンにはなんともいえない「おかしみ」がありました。もろに漫画的なコスチューム、超超人的なパワー(時間を逆転してしまうほど)、そして「愛と正義と真実の人」というキャッチ。
 今の時代、これを言われて噴出さない人はいません。
 80年代の旧作でもすでにそう、ロイスに「役人と喧嘩になっちゃうわね」とジョークにされます。

 馬鹿馬鹿しいほどまじめ。
 本気で滑稽。
 その微妙な境目が、スーパーマンの魅力じゃないかな。
 そのあたり、今回のナイーヴで優しげなスーパーマンは、ユーモアのカケラもなかった。ユーモアを楽しむ余裕もないというか。
 スーパーマンからあまりにも「男臭さ」を取り去ってしまったがために、肝心なユーモアが消え、あの犯人のような「うそ臭さ」が際立ってしまった。

 映画を見ている途中でその連想が止まらなくなって、いやだ、こんなことでわたしの中のスーパーマン像が汚されるのはいやだ!! と叫びだしそうでした。
 もう当分この映画は観ません。
 少なくともあの犯人が記憶の中から消えてしまうまで、もしくはあの化けの皮が引き剥がされるまで、観ないでおこうと思います。

 あ、もちろんゲイがどうとかいうつもりは毛頭ありません。
 イメージがかぶってしまっただけの話。
 ゲイと性同一性障害は違う、そのあたりも理解しているのですが、どちらもノンケから見ると一番「性という枠に縛られている」ように見えるので、連想が暴走したのかと。
 間違って読んでしまった方、申し訳ありません。書いてしまってからちょっと問題あるかなあ、とは思うけど、書いたらそれで本人はすっきりする……かな。
関連記事
にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 8 comments  0 trackback

8 Comments

Helva says...""
読んで、すっきりしました。
え?何がって? 先週スーパーマン・リターンズを見てから、ずっと気になっていたんですよ。何が気になっているかもわからなかったんですけど、とにかく引っかかっていて。
こちらを読んで、ああ、そう言うことだったんだ、なんだかスーパーマンがスーパーマンに見えなかったのは、そういうもろもろの原因が絡み合っていたんだ、とすっきりしたのです。
がたいはいいのに、のっぺり感のある顔や体つき、どうしてもC・リーブと比べてしまうからだろうと思っていたのですが、スーツの質感も変わっていたり、何より空中でホバリングw するときのなよっとした、リラックスした足(さばき)が、なんだか違和感を感じていたんですよね。
べつにスーパーマンはゲイ好みだというつもりもないし、いやむしろあの顔は親しみが持てる、かわいい、健気で、いいこいいこしてあげたいと思うんですが、男性中の男性であるはずなのに中性的な感じがしたのは、わたしの感性が変だったんじゃ無かったんですね。ほっと一安心です。
2006.08.24 23:40 | URL | #q6AO.T9M [edit]
onion says...""
ああ、そういっていただけると安心しました。
わたしだけじゃなかったんだなあ、と。

そうそう、「足さばき」がかなり気になりますね。落ちていく時でも決して股は開かず、まるでポーズをとっているみたい、と悲しいシーンでも考えてしまった。。。

>いやむしろあの顔は親しみが持てる、かわいい、健気で、いいこいいこしてあげたいと思うんですが

そのとおり! 嫌いじゃないしむしろ好きな顔なんですが、↑のように感じると言うのは、まるで自分の息子を見るような気持ちなんですね。どんないい男でも、息子にドキドキはしないだろうしw

クリストファー・リーブのときでも、故意に男っぽさを消していたのですが(スーパーマンが汗をかいちゃだめ!と監督が力説していましたっけ)、にじみ出る男らしさがリーブにはあって、ロイスが空中デートでぎゅっと抱きしめられると、もうクラクラしたものです。
まあ、違いを言うと、わたしが大人になってしまったからかもしれませんが。
2006.08.25 01:38 | URL | #- [edit]
萌 says...""
はじめましてってミクシーや提督のところでは御世話になってますw
スーパーマン
昔小学生のときにテレビで見たいってお願いした覚えがありますw
はじめて父親にそのとき叩かれて
それから・・・・
見ませんでしたw
今リターンズやってますが
見た目たしかにあの犯人とダブりますよね(^^;)
2006.08.27 08:10 | URL | #75aqOQRs [edit]
onion says...""
萌さんいらっしゃいまし!
そうか、旧スーパーマンって、知らない世代も多くなってしまったんですね……。スターウォーズのEp.4とほぼ同じなのに、続編を性急に作り過ぎて、90年代以後は作られなかったから、仕方ないかもしれない。
しかし萌さんのお父さん、なんで叱ったんだろ。あんな健全なヒーローものなのに(^^ゞ

このエントリーで悪いイメージついてしまったらゴメンなさい。映画本体は本当に面白かったし、旧スーパーマンも名作ですんで、機会があったら見てみてくださいまし!
2006.08.27 11:15 | URL | #- [edit]
says...""
父が怒ったのは
スーパーマンがたぶん21時以降の2時間半映画だったので
子供は学校があるから寝なさいといわれているのに
「見たい!!」て反抗したからだと思いますw
その後うちにVHSの録画できるビデオが来て
スターウォーズは難なく見れたんですが・・・。(^^;)
いまでも覚えているんですよね・・・。
機会があったら見てみますw
2006.08.27 12:01 | URL | #75aqOQRs [edit]
onion says...""
あ、なるほど、映画の内容ではなくて、時間でしたか。
映画との出会いにもタイミングってあるんですね。

ウチでは子どもたちが小学生低学年の頃、WOWOWで放送された「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の日本語吹替えで映画に目覚めました。ところが同時期にわたしが買って見せた「スターウォーズ」は字幕スーパーだった(映画は言語で観よ!というポリシーがあった)ので、どうしてもハマってくれなかった・・・orz
チクショウ、教育を間違ったぜ。

理解してくれたのは中学生になってから。
「ハリー・ポッター」公開のとき「どっちで観る?」と訊くと「字幕でしょ」と当然のように。・・・母ちゃんは嬉しいぞ。。。
2006.08.27 21:44 | URL | #- [edit]
Helva says...""
横レス、失礼しますw
そう言って考えてみると、うちは日本語版を見せたことがなかった! 映画はわかってもわからなくても原語以外は考えられなくて、最初にかってやったディズニーアニメも字幕でした。
でも子供ってかなり融通が利くみたいです。娘に聞くとディズニーの正統発音を繰り返し聞くうちに英語耳ができたみたい……ですって! これこそ怪我の功名?
2006.08.27 22:15 | URL | #q6AO.T9M [edit]
onion says...""
そうか、日本語版を一切絶てばよかった?
海外の子ども番組は吹替えだったしなあ。うーん、やっぱ教育を誤ったか。。
しかもわたしがディズニー嫌いで、子どもの頃ほとんど見せてないようなきがします。。。最悪~~~
2006.08.27 22:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/59-05778eb9
該当の記事は見つかりませんでした。