FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

百円均一ショップでお買い物するとき。



そりゃあね、「きちんとしたとこ」で買った方が、製品としていいのはわかってるんですよ。モノマガジンとかで紹介されるような逸品は、本当に一生ものだからあのお値段がすることくらい、わかってますって。

値段に寄って性能が段違いなものも、「そういうとこ」で買います。
この間買ったエッシェンバッハのルーペなんか、百均のモノとは大違い。びっくりするほど、見えます。

けど、昨日わたしは、百均でルーペも買いました。
これは、自室に置くためです。とにかく各部屋においておくため、数が必要だからです。あっちょっと使いたいと思った時、さっと手に取れる場所にあって欲しいからです。
一番大きくて、ベーシックで、なるべくゆがみのないものを選びました。
要は値段と性能と数……そのバランスだと思うわけです。
家族が使いっぱなしですぐなくしてしまう爪切りとかはさみもこの類いですね。刃物は気をつけないと同じ100円でもかなりの性能差があります。


百均に行ったら必ず買うもの……消耗品の排水口用ネット。これはとにかく毎日替えたい、理想を言えば毎食ごとに替えたいから。こういう数が肝心なものは百均でそろえることにしています。
その他、昨日買った中ではミシン用の白と黒の糸や、毎日使ってへたれていくバンダナなども、そうです。




そして便利グッズ。
これは、鍋のふたの取っ手を取り替えて、いわゆる「立てられる鍋蓋」にするグッズです。手前においてあるのが、元々ついていた取っ手。
写真は「十得鍋」の鍋蓋で、3サイズの鍋に対応するスグレモノですが、いかんせん置き場がなかった。こうして立てられるとかなり使いやすくなります。ただ、見た目や手触りが純正より格段に落ちるのが、ちょっと辛いw
デパートなどの便利グッズ売り場などにもありますが、100円では買えないでしょう。
反対から言えば、100円以上出す価値がある「便利さ」かどうかが、判断基準かも。
生活が便利になるためには1,000円以上出す人もいるでしょうから、その辺は自分の判断基準で。

あとは、次男の部屋と廊下の窓用にカフェ・カーテンと突っ張り棒や、本を裁断したあと、表紙だけはとっておくのでそれを入れるファイル(既に入りきらなかったけどw)、DVDの収納ファイルなどを買いました。
このあたりは、「失敗しても100円なら惜しくないもの」の類いかも。
次男の部屋のカフェカーテンは、ちょっと短すぎました。
けどまあ、とりあえず西日が直接入るよりマシとします。
DVDファイルは、今まではヤマダ電器で大容量のファイルを買っていましたが、あまりに大容量すぎて棚から取り出すのが辛くなってきたので、今回コレが使いやすかったら、軽くて安くていいかなと。これは使用してみて判断します。


しかし……会計で3,000円近くいった……なんか全然安くなってない気が、します。
やっぱり安さに目がくらんで、「今必要ないものは買わない」という判断基準が下がってきてしまうのがいけないのかも。

関連記事

Category : goods
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/639-d94aca48
該当の記事は見つかりませんでした。