FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

映画「カウボーイ&エイリアン」



映画を見る前に腹ごしらえで食べたお好み焼き、ミックスそば入り。
美味しかった……それはさておき。

「カウボーイ&エイリアン」

思い立って、夕方から長男と観ました。
堂々たるハリウッドの大作で……ハリウッドの中で朽ちていくタイプの映画に見えました。

「やりすぎだよね」

……終わって明るくなってから、交わした言葉。
楽しかったんだけどさ、本当、デコレーションしすぎてヘンなんなった小学生女子の作ったケーキみたいな、趣味のわるさ。
せっかくダニエル・クレイグにハリソン・フォード固めて重厚にも作れる体制を取っておきながら、出来たのが最高級のスポンジにピンクの生クリームにイチゴとアラザンと色とりどりのチョコスプレーをかけまくって仕上げに特大ハート形ローソク立てたケーキじゃ、役者がかわいそうすぎ。

細かいところは、笑えたり泣けたり、良いところもたくさんあったんですよ。
特にダラーハイドの部下のできた子(でも役名は覚えてないw)が死ぬシーンなんか、泣いちゃったし。
あの役者さん、地味に良かった。最初から目立ってたし、雰囲気あるし。
ダニエル・クレイグも雰囲気番長、カリスマは充分あったし、ハリソン・フォードも美味しい役どころではあったし、ヒロインも謎めいていてきれい、子役の男の子も。。。もったいないなあ。

見た目は新しくてもストーリーが古典的なのは、わたしにとってはマイナスではなくどちらかと言うとプラス評価につながるはずですが、今回は最初の
「一体この男は何者?」という謎で引っ張っていただけに、それ? たったそれだけ? ってなっちゃって、どうにも。これは映画界全体から見ると、いわゆる、

 怪 作

てヤツですね。
映画という木の拗じくれ曲がって枝分かれしまくった先についた、異様な葉っぱ。



ところで、最終的にわたしが一番ウケたのは、あのワンコです。
最初は盗賊親子の飼い犬、それから主人公についていき、途中は子どもになつき、はぐれた後は盗賊団にちゃっかり潜り込み、最後は保安官の足下で安穏に暮らす。

……たくましいなあ。

犬は人類の最高の友とかいいますが、単なる犬の生存本能かもね、みたいなドライでちゃっかりした、いい展開。
長男は「主人公についていくと思ったのにー」と言ってましたが、そりゃないよねえ、あんな命知らず……長生きするとは思えないしw


いいのかこの映画、最後の印象がワンコで?(戸田奈津子風)


関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 1 comments  0 trackback

1 Comments

onion says..."追記"
そうそう、あのヒロイン、例の「宇宙戦艦ヤマト」の黒木メイサに雰囲気がそっくり!
……つか、役どころもそっくり?

おまいはサーシャかっ。

と、心の中で叫んでいましたとさ。
2011.10.28 05:53 | URL | #0/0jGrq. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/651-97c59ab0
該当の記事は見つかりませんでした。