FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

NHK朝ドラ「芋たこなんきん」

 TVがないんで、TVのことばかり考えてしまう・・・これは、恋? あほな。

 いかん。頭の中が関西弁にw
 久々で、NHKのドラマが面白いです。原作が田辺聖子さんだし、主人公が作家ワナビー(一週目でいきなりプロになったけど)なので、共感するところも多いし。
 もう若くなく、容姿も・・・というところもカブるかもw

 NHK、英断じゃない? 前作までの若い新人が主人公のドラマから、いきなり藤山直美でっせ。やー、さすがに最初は主人公がこれじゃあ、視聴率はアカンだろ、と思ったものですが、見てるとおもしろくて、ほっとします。藤山直美も、さすが藤山寛美の娘、ここぞというシーンでぐっと来る演技をします。
 相手役が國村隼ってのも、もろにわたしの好みなんでw、嬉しい嬉しい。


 ドラマ、基本的に日本のドラマと韓国のドラマは見ません。どちらも玉石混交、いいものもたまにはあるのかもしれないけど、たいていはどうしようもなくつまらないから。
 ところがこの、NHKの朝ドラは・・・

 会 社 の 休 憩 室 で つ い て い る

 んです。。。orz
 ついていると思わずチラ見してしまう。そうなると気になる。結局毎日見る。そして、

 た い て い は 大 激 怒

 という羽目になるのです。
 先週終わった「純情きらり」がその黄金パターンでした。
 主人公は最初からなーんも考えていないガサツな女で、ピアニストを目指すと上京した挙句結局大学には落ちて(間に色々あったけど)一緒に上京した男の子とデキて故郷でその男の子と結婚して味噌屋を継ぐかと思いきやジャズピアノもやり、かと思うと作曲したのはしょーもない普通の曲(ドラマのテーマ曲)で結婚して幸せになると見せかけて、最終週でいきなり病気になり死ぬ。。。

 ・・・恐ろしい。
 何がって、こんな、なにやってんだかわからない女の一生・・・その辺にごろごろしてんじゃん! 自分は一体何がやりたかったのか、その時々で変わり、でも時代の変遷とか周囲の状況の変化で一貫して生きられない女性は多い。
 けど、この主人公、満足してます。
 それでいい一生だったらしいです。
 その中から、あの「名曲」が生まれたんだからいいらしいです。最後にラジオで一曲流れるだけですけどね。
 それで満足できる、問題意識のなさが怖い。ほんとガサツで一貫性がなくて嫌いな主人公でした。

 こうやってまとめるとまあ、何とか普通に見えるかもしれませんが、放送中は週によって味噌作りをしてたりバイトをしてたり戦争で逃げてたりその間に不倫(?)したり、まー一貫性のないドラマ。
 進駐軍のサロンにジャズ演奏しに行くと「これが桜子の最初のコンサートでした」とナレーションが入りますが、以来二度と演奏した様子なし。味噌屋で料理を習って、お客様にほめてもらうのですが、以降料理のリの字も出てきません。

 まったく積み重ねのないドラマ。積み重ねのない人生。

 そんなカケラのエピソードばかりうず高く積まれたドラマに感じるのは、ただ、時間の無駄、という言葉だけです。
 ああ、半年間、苦痛だった。


 今回のドラマには、それとはちょっと違う感覚を持っています。
 前回は東京のスタッフ? 今回は関西? その違いかもしれないけど、期待、大!



 ・・・早くTV、買わなきゃなあ。。。orz

関連記事

Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/75-b125b3da
該当の記事は見つかりませんでした。