FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

コミック「1年後の3.11」

大震災関連の本……色々出てますが、写真集などはまだ生々しくてパラパラしただけで胸がいっぱいになります。正視しなきゃ行けないんだろうけど……。




と、本屋で躊躇してたら、このマンガ形式のルポが目に入りました。
「その時人は鬼畜になる」などと物騒な帯がついていましたが、内容はごくまとも、ただTVなどの報道が避ける内容なども書いてあります。
なんでもマンガで済ませるなんて……と思う人もいるでしょうが、実は生々しい話ほど、マンガが向いている題材はないんじゃないかと思っています。
以前「ツレがうつになりまして」を読んだ時も感じたのですが、文章だと伝わりづらいことも、映像では正視出来ない(放送出来ない)ことでも、マンガならなんとか読めることって多いです。

それも劇画調ではなく、このマンガみたいにカエルかぶった主人公が触れる現実こそが、どこか自分を「あの世界に連れていく」ことができるメディアなのではないかと。
デフォルメされ、記号化された絵の仲に、現実が閉じ込められています。

マンガは世界で生まれ、日本で独自の発達をしましたが、「リアル」を避けたがる日本人にあったメディアだったのかもしれません。リアリティのない世界でリアルを知る……ヘンな話ですが、どこかオブラートに包んだ震災関連ニュースより、この本に現実を感じました。

良い本を読みました。

関連記事

Category : comic
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

マクノスケ says..."あの日からのマンガ"
体験した人だからわかることが描かれているんですね。
1年経つまでは「絆」の連発だったテレビがその日を境に
「現実をみろ」って何を今さら…と思って呆れています。

それから…
私が震災後に買って良かったマンガの紹介ページ貼っておきますね。
あの日からのマンガ(しりあがり寿)
http://www.cyzo.com/2011/08/post_8253.html
2012.03.14 17:25 | URL | #GWMyNl/. [edit]
ひろこ says..."到着しました"
無事に到着しました。ありがとうございます。字が大きくて読みやすかったデス。

私が(図書館で借りて)読んだ震災関連の本「大震災からの復旧 知られざる地域建設業者の闘い」が心に残っています。「公共工事が削減されて地域の建設業が縮小し人材・設備が減少している。今回のような大震災が5年後におこっていたら今回のように動けなかった」と云う地元建設業者の方の言葉にはいろいろと考えさせられました。
2012.03.14 21:01 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: あの日からのマンガ"
>マクノスケさん
> あの日からのマンガ(しりあがり寿)
> http://www.cyzo.com/2011/08/post_8253.html

ああ、これ震災直後に少し話題を聞いたんですが、本屋でも見かけないので忘れてました。
ありがとうございます、読んでみますね!
色々と、分けて考えなければいけないことが多くて、被災者に寄り添うことと、現実の未来を見据えた復興とはまた別の話、そして脱原発なども別の話として区切らなきゃいけないけど、それを「絆」で一緒くたにされた一年だったなあという気がしてなりません。
初動を間違ったんじゃないだろうか……それはもうちょっと後に見えてくるのかもしれません。
2012.03.15 05:18 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: 到着しました"
>ひろこさん

あ、どうもどうも~~~良かった。「荷物」の方にお手紙の一つもつけなくて申し訳ない。なにせ子どもらがそのときいなかったので(一人は帰って来ないし、一人はなんと京都に行っていたw)、つけようがなかったんです。
テキスト、あれでも小さくしましたw
自分が書くときに都合のいい大きさにしていたら、印刷したらでかかったという……やれやれです。

> 私が(図書館で借りて)読んだ震災関連の本「大震災からの復旧 知られざる地域建設業者の闘い」が心に残っています。

ジェリーもウチの家業も小さいなりに建設業者なんで、そのあたりの冷え込みはひしひしと感じていますが、本当に業種の根幹に関わるほど削減の嵐だったんですねえ。
それも読んでみたいです、ありがとう!!
2012.03.15 05:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/857-fd34d41b
該当の記事は見つかりませんでした。