FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

映画「バトルシップ」

「バトルシップ」allcinema

金曜の夜、例にてよって長男とレイトショーで観てきました。
土曜から小さいスクリーンになるので、こういうイベント映画的なものはやっぱり大きい画面で観たいと思って。
ユニバーサル映画100周年記念映画ですよ? で、この映画か~~。この100年が伺えるよなあ、というのが感想ですが。

のっけにつまづいたのは、
「前回の放映で機材が故障しまして、修理中でいつ上映出来るかわからないんですが」
って、え、どのくらいかかりそう? 15分? 一時間? それもわからない? う~~ん、とカウンターを離れて長男と相談、やっぱり待つことにして待ち合いコーナーで「スパイダーマン」と「トータルリコール」(どっちもリメイクですね)の宣伝を10回くらい観たところで、入場アナウンスがありました。
30分弱、まあまあこのくらいなら、許容範囲。

そして中身……予想通りのおバカっぷり。
まあそれを自分で皮肉にわらえるだけ、この映画はお利口さんかもしれません。
そういう意味では面白かったです。
エンタメに徹していて、妙な悲惨描写がない分、キャラクターの誰もが救われたところなんか。(あ、兄ちゃんはかわいそうすぎ)

「ジョン・カーター」で長髪だったテイラー・キッチュ、最初はわかるように(ってわけじゃないだろうけど)長髪で出てきてくれます。
海軍に入ったところからだと、マリンカットでわかんなかったかも。短髪もかっこ良かったですけどね。
しかし、これにも出てるリーアム=クワイ・ガン=ニーソン様。「タイタンの逆襲」といい、美形の親世代代表役者として確立しているようですねえ。いやいや、嬉しいんですけど。
最後の「ノー」には大笑いしちゃいました!

ストーリー的には……これはまあ、ぱっと見SFっぽいけど、絶対にSFじゃないですね。
「世界征服:LA決戦」と同じく、ただの戦争もの。
けどまあ、冒頭に書いたように、一種わかってやってるところがあるので、楽しく観れました。


ココからネタバレなので、未見の方ご注意。




あんなに物質的レベルで謎な物体を強調しておいて、かなり高度と思われるバリア機能まで持っていて、で、中に残った三隻の駆逐艦(日本的には護衛艦かな)、ただしくは一隻で対抗しちゃって、通用してしまう不思議。

大体、あの敵、「動かない、敵意のない相手には攻撃しない」って、どういうジュラシック・パークよ。
半円形のバリアって、グンガンですかっ。
ヘルメットがサングラスになってるから日光に弱いって、どんなドラキュラだよ。
逆光を利用する反撃方法って、西部劇時代の戦術と変わらんじゃんか……


 あ あ 、 そ う か 、 だ か ら 百 周 年 な ん だ ~ ~


つまり、映画的なネタをちりばめて作った、本当にイベント映画なんでした。
そりゃあ、おバカになるのは当たり前、その「どこかで見た」デジャヴを楽しみつつ、アクションに興じるのがこの映画の正しい見方でしょう。

それにしてもウザいくらいのアメリカ万歳ですけどねえ。まあ、日本はお友達認定(というか、ほぼ唯一、本当に味方してくれるのは日本だけなのが、アメリカにはわかっているのかもしれないなあとしんみり)だけど、最後の戦艦ミズーリに、どれだけの日本人(と戦艦大和もね)が殺されたことやら。
その辺わかってみると、なんかアメリカ人って、本当に空気が読めない民族(他民族国家だけに?)だよなあと。
そして日本人は本当に忘れっぽい民族だよなあと。
いいコンビかも。

で、エンディング観ながら気がついたこと。
題名の「バトルシップ」=戦艦ミズーリ、だったのね。
「ミズーリは沈まない」
退役軍人のお爺ちゃんが言ってたセリフ、そのまま「アメリカは沈まない」に通じるかもしれません。
一応世界で上映するものなんだけど、基本、国威発揚映画、でした。

帰ってから、もう一つ思いつきました。

あの半円形バリア、ポケモンとか遊戯王のバトルフィールドみたいだよね!
長男「ああ、あの世界が変わるヤツ!」
そうそう、古くは戦隊もので、アクションシーンを撮るときに街じゃ撮れないので採掘場とかに移動するのをごまかすために考えだされたんだけど、今では割と頻繁に使われます。アニメだとビジュアルが派手になるしね。
「魔法少女まどか☆マギカ」にも魔女の作り出すナントカ空間(調べたら「異空間」、まんまでした)あるよね。

あれって、結構壮大に見えるけど、実は小さなフィールドで戦っているという、スケールのちっちゃな戦いってことですよね。
この映画も最初は香港とかスペインとか色々言ってたけど、結局ハワイという、地球的に見れば「家の庭先のおっきな池の真ん中の小島」で、かなりのローカルぶり。まるで人口密集地を避けたような。

壮大に見えて、実はちっちゃい映画だったかもしれません。
歴史には……残りそうにないなあ。
関連記事
にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ひよひよひよも says..."お久しぶりです。"
onionさん。

ひよひよひよもです。
4月の初めころにお邪魔してコメントをさせていただき、わたしのブログのコンセプトを
褒めていただいた者です。あれから1か月ほど経ちました。お邪魔しても何も残さず失礼を
していました。今回のわたしのブログの更新で、かなり無理が重なりキツかったので、アップした後のちょっと放心状態のなか、あらためて、お邪魔して、コメントさせていただいた記事以降をひとつひとつ拝見させていただきました。 onionさんは、毎日をいろんな風に捉えて、無理をされるような事もなく更新されていらっしゃるんですね。日常をご自分なりに表現されているんですね。 わたし、ブログを初めてやっと1か月。「やるよ!」って気負いすぎてた気持ちが、onionさんのブログを拝見して少し和らぎました。 勝手な事ばかり書いてごめんなさい。 でも、ありがとうございました。これからも、お邪魔させていただきたいです。
2012.04.28 23:56 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: お久しぶりです。"
> ひよひよひよもさん
いらっしゃいませ。摂ブログを褒めていただきありがとうございます。
が、最近わたしがあんまりお人形をかわいがっていないので、ブログにもお人形の登場機会が少なくなっているような状態でして。
せっかくきていただいたのに申し訳ないです。

ブログって、何のためかと問われれば、やっぱり自分のためなんで、反応とかコメントとか気にするより、書き続けることが大事なんじゃないかと思いますよ~。
て、過疎ブログのオーナーが言ってもなんの説得力もないですけどw
2012.04.29 05:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/902-dc22de5f
該当の記事は見つかりませんでした。