FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

手毬唄とATARUと子豚……。

昨日は残業しませんでした。
義妹のところに「鍵のかかった部屋」をダビングさせてもらいに行こうと思いまして。
もくろみ外れて(そりゃそうだ、ダビングには時間がかかる)お義母さんにフキの煮付けをもらって帰って、え~「鍵部屋」見るつもりだったのに、とDIGAつけると、結構見るもの溜まってました。

横溝正史シリーズは「悪魔の手毬唄」第2回。
これまた長く引っ張るなあ。間延びしちゃうよね。

しかし、手毬唄……子どもの頃に足の下を通したりする手毬唄を歌ってた記憶があるんだけど、曲が思い出せなくて。
既に

手毬唄=鬼首村の手毬唄

になっちゃってて、しかも映画版とTV版が混ざってる……最近の稲垣金田一の歌まで混ざっちゃってる。
メロディーは怪しいけど、一番だけは暗唱で歌えます。

うちのむらの せんざいに~すずめがさんわ、と~まって~

気がつくと頭の中で歌ってたりします。
ご飯作りながら、歌ってました(オイオイ)。


その後日曜の「ATARU」を(またしても時期を外して)見ました。
今回は感動……というか、障害を持つ子どもを持った母親の苦悩が……つらかったです。
ちょっと、人ごとじゃないんで。

ただ、以前高次脳の会で出た話ですが、
「生まれつきの障害をもっている子どものお母さんは、強いよ」
と言っている人がいました。
高次脳は「今まで普通だった人が障害者になる」ことなんで、戸惑う人が多いんですが、生まれたときから障害がある子の親は、覚悟が出来ているというか肝が座っていて、手記を書いてもしっかりしてたと。
その子を障害込みで受け入れられる強さを持つんだと。
見習わなきゃなあと、そう話していました。

周りに理解されなくて誤解され疎まれても、我が子を放り出さない強さを持っていられるかどうか……チョコザイくんのおかあさんはもう一人、次男の方に気が行ってしまったのが、残念でした。そういうことってあると思います。

このドラマ、推理もののようで、実は障害(チョコザイくんだけじゃなく)をもつ人が周りに理解されず苦しんでいる様子が描かれていて、いいドラマだと思います。
残りが楽しみですが、全部録画をとっておかなかったのを後悔。


感動のあと、今度は「ポワロ」の「五匹の子豚」視聴。
ポワロさんもだんだんリアルに年をとってきました。
絞首刑になるお母さんがめちゃめちゃ綺麗で、どこかで見たなあと検索しましたが、違いました。
レイチェル・ワイズに似てるんだなあとあとで思う。
ジェリーは「デスパレートな妻たち」の人じゃないかと言ってましたが、そういえばブリーにも似ている。
今度の「白雪姫」にも出るみたいです。何の役だろう、楽しみ。

クリスティーはやっぱり良いっす。
殺人者がきちんと悪役で。
この間アニメチャンネルで「金田一少年の事件簿」あったんで見たんですが、もう、犯人の「わたしはこんなに不幸で殺人を犯してもあたりまえ」主張がウザくて、見るのをヤメました。
本家の金田一は、実はそんなことないんですけどね。
犯人の事情はあるけど、あくまで「気持ちをくみとる」程度なのに、アニメはほとんど殺人を正当化する犯人ばかりで、その意味でも「金田一」という名前を使うことに、不遜を感じます。

話がズレた、ポワロの話題。

そういや、この「五匹の子豚」と「カーテン」、構造が似ている……(ネタバレ?)。
今回の犯人は更に凶悪で、娘まで追い込んでましたねえ。
潔い(違う)。


ってことで、TV三昧の夜でした。
昨日は野球もなかったんで、ほぼ地上波をつけませんでした。
というより、JSports1が映らなくなったんで、野球もほぼラジオに移行、パソコン経由で聴いてます。
その辺の事情はまた今度。(だれも待ってないでしょうが)


関連記事

Category : television
Posted by onion on  | 3 comments  0 trackback

3 Comments

ひろこ says..."クリスティとネタバレ"
「悪魔の手鞠唄」…夏目雅子が出ていますね~。調べてみたら1977年ですよ。35年前と云う事実に吃驚しました。映画の石坂版金田一では岸恵子と北公次の親子役キャストが印象に残っているのは、多分(1978年の)テレビ版「人間の照明」での高峰三枝子と北公次の親子役が印象的だったからかな~。そして高峰三枝子の映画版「犬神家の一族」(1976年)が印象的で…と。

「五匹の子豚」は謎の変更点がありソコ変える理由がわからない!!なのですが、犯人設定や話の筋がいかにもな感じで好きな話です。「カーテン」との共通点…そうですね。スーシェ氏の「オリエント」でのポアロさんの苦悩から「カーテン」がどんな解釈になるかを期待出来しています。
2012.06.13 07:46 | URL | #- [edit]
ひろこ says..."間違えていました!"
「人間の照明」→「人間の証明」です。なんという誤変換。「灯台鬼」を連想するホラーな変換です。
2012.06.13 13:26 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: クリスティとネタバレ"
>ひろこさん
TV版の「人間の証明」は覚えてませんが、その数年前までフォーリーブスのファンだったわたしにとって、北公次は「悲劇を背負った若者」の定番でした。
フォーリーブスの映画(アイドル映画w)ではヤクザに刺されたかなあ、本当の人生では色々あった人だけど、こうして残る作品に恵まれたのは、アイドルとしても珍しいんじゃないでしょうか。

そうそう、夏目雅子がアイドル役で、池波志乃が痣のある妹役で、なかなか濃い配役ではありましたねえ。

> 「五匹の子豚」は謎の変更点がありソコ変える理由がわからない!!

え、どこが? というほど原作を覚えてないのですが、ゲイ設定のアレですか?
「カーテン」と書いちゃうとネタバレになるかもしれませんが、卑劣な手だとはポワロ本人も認識していたんでしょうねえ。
同じく「カーテン」に期待。


「人間の照明」……いやあ、普通にスルーしてましたよw
2012.06.14 05:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/958-d6bbed3a
該当の記事は見つかりませんでした。